電子工作教室

 

電子工作講座(実践編)

[ユニバーサル基板のはんだ付け方法]

<1>LEDを光らせよう

LEDに単純に乾電池をつなぐだけでは、適切な点灯はしていません。LEDの適切電圧は色によって様々です。

下記の図にその詳細を示します。

<表1 LEDの適正電圧>

 

<写真1:適正電圧以下では光らない>

<写真2:かといって、高すぎると燃える>

 

例えば、赤色の場合は2.1Vです。赤色LEDを乾電池で光らせることを考えましょう。乾電池一個の場合、電圧は1.5Vとなり、LEDが必要としている2.1Vより低くほぼ光りません。かといって、電池を二本つなげると、3.0Vと高くなり、LEDが焼けてしまいます。

<写真3;LEDの電流処理>

<第1図 ;LEDを光らせる回路図>

 

そこで、3.0Vから、LEDに必要な適正電圧(2.1V)に下げるために、「抵抗器」と呼ばれる部品を使います。抵抗器は、その名の通り、電気を流れづらくする部品です。これを、左の回路図の通りに直列に接続することで電圧を下げています。

この調節は、抵抗器自体が持っている「抵抗値(単位;Ω:オーム)」で決まります。その計算方法は至って簡単で下記の、計算式で求めることが出来ます。

ここで、LEDに流したい電流は、LEDのデーターシートにある「If」のことです。

 

・Lチカ回路を配線しよう

部品; ユニバーサル基板 1枚 : LED 1個: 抵抗 1個

<第2図:Lチカ回路図>

・まずは、LEDの特性に合わせて、抵抗Rを決定しよう。

LEDの色(     )色  流す電流If=(       )mA

LEDにかける電圧 Vf=(          )V 電圧E= 9 V

抵抗R=(         )Ω

ユニバーサル基板に部品を取り付ける

 

*注記

LEDは足が長いほうがアノード(+)

短いほうがカソード(-)

抵抗に極性(向き)は関係ない

スイッチは、真ん中と両サイドどちらか

バッテリーの赤が+、黒がー

(↑↑あくまで参考資料)

・はんだ付けの4ステップ

[step1]

 基板のランド(金属部分)を温める

(4秒程度)

 

    [step2]  

十分に温まったら、

はんだを流し込む

   

    [step3]

富士山型の山ができたら

はんだを離す

 

   step4

 コテを離し、リードを切る

(はんだ部分はきらないこと)

 

 

部品がついたら、スズメッキ線で配線しましょう。(別紙参照)

CdSセンサーナイトライトを作ろう

以下の資料を参考にナイトライトを製作しましょう

[参考資料]

VR=  kΩ、

トランジスタのCE間電圧は今回考慮しない

R1(     )Ω

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください